NPO法人 はっぴぃmama応援団の歴史

 

平成21年秋  「はっぴぃmamaはうす」開設(新潟市西区赤塚18番)

 

 

平成22年4月  「はっぴぃmama応援団」結成


平成23年夏    映画「うまれる」自主上映会 
                        東日本大震災チャリティー 県内3箇所リレー上映会開催。

 

平成23年4月      独立行政法人医療福祉機構社会福祉振興助成事業地域連携活動支援事業

                      「専門職による子育て支援事業」として採択を受ける。上記事業を継続。

 

平成24年4月   同機構同事業の「専門職による産後ケア事業」として採択を受ける。

          産後ケアとしてデイケア・訪問ケア事業を展開

 

平成25年4月   再度、同事業による採択を受け、24年度同様の事業を継続。

 

平成26年6月  特定非営利活動(NPO)法人 はっぴぃmama応援団 設立

 

他団体と連携し、下記事業を展開

    ・居場所事業:年間 延べ約600組の母子がサロンに訪れる

    ・保健師・助産師による母乳・育児相談会開催

    ・各種講座開催(マネー講座・個性心理学講座・アロマ講座 など) 

    ・出前講座(育児支援センター・サークルなどへ)

 


平成27年6月  新潟県少子化対策モデル事業「妊娠期からの切れ目のない支援プロジェクト」
         よいこの小児科さとう医院
と協働事業が選定される。(平成30年3月まで)

平成28年3月    西区の「はっぴぃmamaはうす」賃貸契約終了。

 

平成28年4月~ 新潟市中央区特色ある区づくり事業

        みんなでつながる子育てほっとサポート事業 子育て講座「たっち」受託

 

平成28年5月  よいこの小児科さとう医院との協働事業として
       「親とよいこのサポートステーション はっぴぃmamaはうす」(新潟市中央区神道寺1丁目5-44)を運営。


        神道寺の新施設にて活動開始。
        昼食提供・送迎の提供を開始。
        小児科医・保健師・助産師・ママ・地域で手を繋いで、妊娠期からの切れ目のない支援を展開。 

 

平成29年4月      独立行政法人医療福祉機構社会福祉振興助成事業地域連携活動支援事業

                      「専門職による産前産後デイケア・訪問ケア事業」として採択を受ける。

             

 

平成29年10月  特例認定特定非営利活動法人として認定を受ける。

 

 

平成30年4月    29年同様。同機構より「専門職による妊娠期からの切れ目ない包括的支援事業」として採択を受ける。