メンタルケアコース「ママのための子育て心理学講座」


 

 
メンタルケアコース
「 ママのための子育て心理学講座」
講師の寺島幸優さんからママ達へのメッセージ

 

ママが子育てや夫婦関係、家族の事で悩むのは、子どものことを愛しているからです。

夫や家族を大切に想っているからです。

愛情もない、大切に想う気持ちもないならば、子育てや家族の関係に全く興味関心を持たないし、

こころは痛まない、悩まない、と思いませんか? 

悩むことは、全く悪い事ではありません。

悩みは、よりよくしよう!もっと幸せになろう!という気持ちの現れだからです。

問題なのは、悩む事に悩み、自分を責め、一人で抱え込んでしまう事。

あの人のせいだと誰かを責め続ける事です。

 

まずは「こころ(自分・ひと)」について知り、どうして悩むのか。

どうしたら元気になれるのか。そんな心の働きや仕組みを知りましょう。

 

僕はカウンセリングで、

“自分の本音(本物の気持ち)”と向き合って癒され、

変わっていく沢山の姿に立ち会ってきました。

例えば、子どもに甘えさせてあげられるようになった。

イライラがなくなり笑顔が増えた。

抱っこすると以前は吐きそうだったのに、

今では自分もあったかい気持ちになれる。

ひとと比べなくなった。

子どもに触られるのが嬉しくなった。

義理の家族との関係が良くなって子供も落ち着いた。

子どもを許せて、優しい気持ちで一緒にいられる。

手を出さなくなった。

夫に頼めるようになり、喧嘩が減った。

愛情が深くなって、家族が愛おしい気持ちが湧いてきた。など。

“本当の自分らしく”なっていかれます。


この4回の講座に参加して、学びとワーク(体験)をすることで、

なぜ、心配事や悩み事がなくならないのか。

どうしたら“本当の自分の気持ち”と向き合えて楽になれるのか。

幸せにむかえるのか。がわかります。

 

心が楽になったり、元気が出るような体験をしながら、

みんなで一緒に

『不安があっても大丈夫。』

『産まれてきてくれてありがとう』

『自分も子どもも夫も愛おしい』

そんな気持ちで子育てできるような、

安心ママ。あったかママになってもらえたら嬉しいです。

 

まずは「こころ(自分・ひと)」を知るところからはじめましょう。


あなたと、はっぴいmamaはうすでお会いできることを

楽しみにお待ちしています。

一緒に、笑顔や幸せを一つ一つ増やしていきましょう。

 

【講師】心理セラピスト/カウンセラー  寺島幸優

 

新潟・東京 心理カウンセラー 寺島幸優 公式ホームページ

 

 【内容】 全4回コース

第1回【子育てに現れる心の働きと仕組み】
第2回【イライラ(ストレス)を減らして笑顔を増やす】
第3回【まずは自分から。自分に優しく、子どもに優しく。】
第4回【産まれてきてくれてありがとう】  
 
 【対象】 子育てにお悩みや不安を感じているママ(妊婦さんは対象外)
  

【開催日時】

  月間予定表を参照ください。⇒ スケジュール・各種料金をご覧ください。

※原則、全4回の参加をお勧めしますが、
都合により欠席の際は、第2期以降に振り替え受講も単発参加も可能です。
【第5期生募集中!!】
第5期が、6月よりスタート!!
第1回目: 6月20日(火)10:15~11:30
※初回は、手続きなどがあるので9:50より受付までお越しください。
第2回目: 7月18日(火)10:00~11:30
第3回目; 8月29日(火)10:00~11:30
第4回目: 9月19日(火)10:00~11:30
※4回参加が原則ですが、不参加の会は、振り替え受講ができます。
 ご不明な点は、お問い合わせください。


【参加費】
全4回一括申し込み: 
          利用会員 10,000円
           
          非会員    12,000円
※4回チケット購入の方は、サロン無料利用券3枚をプレゼント!
参加できない回は、第3期以降振り替え可。
一回のみ参加  : 利用会員 3,000円   非会員 3,500円
※再受講の方に限ります。
 
ご不明な点は、お気軽に、お問い合わせください!

【講座内容詳細】
  第1回【子育てに現れる心の働きと仕組み】
不安があっても大丈夫。
子育てが思い通りにいかない本当の理由、子育ての不安や心配事の正体は、
子ども時代に身につけた「生き方、接し方のルール」でした。
「生き方、接し方のルール」が、子育て中に、どんな気持ちを感じるのか。
考え方、接し方、態度をするのか、も決めています。
まずは、自分に何が起こっているのか?を理解するところから始めましょう。 

小さい頃、して欲しくなかったことを、自分の子どもにしてしまうのはなぜ?
自分の子どもにしてあげたいことをしてあげられない本当の理由。
「生き方、接し方のルール」はどんな理由で、どのように身につける?
なぜ、「生き方、接し方のルール」が子育てに影響するの?
なぜ、「生き方、接し方のルール」が自分を苦しめ、悩ませるのか。
「生き方、接し方のルール」は変えられる!

 第2回【イライラ(ストレス)を減らして笑顔を増やす】
イライラって、すごく嫌な気持ちですよね。
なくならないし、夫や子どもに八つ当たりしちゃったり。
実は、イライラは「ニセモノの感情」と呼ばれています。
イライラの奥にある「本物の感情」に気づいて消化するとイライラが消えていきます。
いつも味わう不快な感情の正体。
ニセモノの感情って何ですか?
いつも味わう不快な感情の正体。
ニセモノと本物の感情、違いと役割。
ニセモノと本物の見分け方、見つけ方。
一人でできるストレスケアの練習。   
 
第 3回【まずはmamaから。自分に優しく、子どもに優しく。】

いつも、子どもを一番に考えて、夫のことを考えて、
自分のことは2番目だったり、後回しだったりしていませんか。
実は、自分に厳しいと、同じように子どもや夫、家族や友人にも、
ふとした時に、冷たく当たったり、
厳しい気持ちや態度で接したりしてしまいがちです。
それに、「このぐらいなら」「他の人はできてるのに」「もっと頑張らなきゃ」と
一人で抱え込むことが1つ2つと増えて辛さが増します。
これでは、気持ちに余裕をもって子どもと接することができません。
心配事や、上手くいかないことも増えていきます。
まずはママ自身からです。
この回は、実際に体験しながら、他人に向けているあなたの優しさを自分に向けてみる。
張り詰めた気持ちを緩めてみる。
肩の荷を降ろして、一休み。
「安心」という心の栄養を蓄えます。
自分に優しくするとは?
安心感と安全基地、安心感とあたたかさについて
努力逆転の法則
肩の荷を降ろして「安心」を蓄えるワーク  

  第4回【産まれてきてくれてありがとう】

「ありがとう」は魔法の言葉。
使い方を間違うと、実は余計に苦しくなります。
本来、「ありがとう=感謝の気持ち」は自然と湧き上がってくるものです。
そして、「ありがとう=感謝の気持ち」は、こころをぽっと温かくしてくれます。
元気とやる気の源でもあるのです。

「ありがとう」が苦しくなる理由
心にもないことは、自分にも相手にも伝わらない
「私にありがとう」で元気とやる気が湧いていくる
「産まれてきてくれてありがとう」を感じてみよう。
・「これまで」と「これから」について(大切にして欲しいこと)   

料金などの詳細は、こちら
お問合せ・ご予約はこちら